イエスマンな男は薄毛に注意!

hagehage

イエスマンな人は男女かかわらず、ストレスを溜めやすい傾向にある。別にイエスマン=ハゲ(薄毛)に直結しているわけではありません。

イエスマン=ストレス過多=薄毛という風に繋がっていくってことです。

ストレスは薄毛だけじゃなく、人間のあらゆる機能低下や病気へと繋がっていく要素です。薄毛だけのためにストレスケアをするのではなく、全てにおいて効果を発揮してくれる、万能の薬を手に入れると思ってストレスケアに取り掛かることが大切なのです。

薄毛とストレスの関係

抜け毛増加や薄毛には男性ホルモンが深く関係しています。まぁ、今となればこれは有名な話なので具体的に説明しなくても知っている人も多いでしょう。

TVでもよくやってますからね。

とにかく男性ホルモンの一部の薄毛因子が活発化することで、毛根がやられそこから髪が生えてこなくんることで、薄毛が完成していくんです。

そして、この男性ホルモンの薄毛因子の増減にストレスが関係しているわけです。

上記のイエスマン=ストレス=薄毛と同様に、

薄毛=男性ホルモン=薄毛因子=ストレスという風に繋がっていくわけです。

ストレス(精神)なんて人間の全てにおいてのベースみたいなものですから、全てと繋がってもおかしくないわけですよ。

ただ、男性ホルモンはその中でも深く関しているってことですね。

イエスマンはストレスをタメやすい

本当にイエスマンはストレスをタメやすいのか?

そもそも無理しているっていうこと前提なので、イエスマンの方が楽だしノビノビしているっていう場合は、それがストレスになっているのかどうかはわかりませんね。

ノーと言うこと自体にとてもストレスを感じる性格や性分の人は、イエスマンでなければ返ってストレスがたまるわけですから。

とはいえ、なんでもイエスと言ってしまわなければならない性格・状況に置かれているひとはやはりストレスが溜まりやすいのは間違いありません。

また、潜在的にっていうパターンもあるからややこしい。

ストレスの云々なんて全て結果論のような話にもなりかねません。むしろ、今ストレスを感じているか否かが判断できる人も少ないですよね。

ただ、胃が痛くなったり、めまいがしてきたり、イライラしてきたり、冷や汗がでてきたりっていった身体の反応がでている人は、イエスマンな性格によってストレスが溜まっている状況と疑ってもいいでしょう。

ストレスをなくせば薄毛は治るのか?

ストレスをなくせば(イエスマンじゃなくなる)禿げ上がった髪の毛が元通りになるのかいえばそうではありません。

ストレスで薄毛が進行したとしても、ストレスがなくなれば増毛するという簡単なメカニズムではありませんからね。

ただ、ストレスから開放されて数年経過すると髪が生えてきたという事例もあるようなので、全くゼロという話ではありません。

AGA治療薬でも有名なプロペシアは男性ホルモンに直接働きかける(薄毛因子を阻害する)わけですが、ストレスなくすということは薄毛因子を増加させないだけであって、阻害させるわけではありませんからね。

そう考えると、ストレスが理由でハゲるくらいなら、早めにストレスケアやストレスがかからない環境に身をおくのが1番の薄毛対策とも言えますね。

薄毛は薬で治る時代

少し前はアデランスやリーブ21など薄毛を改善させるサービスは胡散臭い代名詞でした。

多くの中年男性の中で「ハゲたものはもとには戻らない」という常識があって、本当に髪の毛が生えて薄毛が改善された成功事例を見ても、サクラや特別な人というイメージがありました。

育毛ビジネスは金になるということが、世間に浸透した今では育毛クリニック以外でも研究が進みもはや薄毛は治るという時代が到来してきました。

  • プロペシア(AGA治療薬)
  • ミノキシジル(AGA治療薬)
  • HARG(ハーグ)療法
  • 毛髪再生医療
  • 自毛植毛

上記ラインナップが現在の薄毛治療で最も信頼されている方法です。

全て国が効果を認めているレベルで、いわば「誰でも治る」というお墨付きという事です。

加えてIPS細胞などの最先端技術もまだまだ駆使されながら研究が進んでいるので、今の状況にさらに精度が高まる可能性も十二分あるんです。

そう考えると、薄毛は治せる時代から薄毛はいなくなる時代へと突入するのかもしれませんね。

自毛植毛という新しいスタイル

自毛植毛とは自分の毛根を薄毛の部分に移植させる薄毛治療方法です。

説明だけきくと大層な手術のように聞こえますが、毛が生えている部分の細胞を生えていないところに移す意外と簡単な方法です。

サッカー選手のルーニーなどが行った薄毛治療でも有名ですが、これが1番即効性が高い薄毛治療であるのは確かです。

ただ、薄毛治療には色々と考え方があります。

植毛とか整形じゃん!という指摘。

どこまでを治療と良い、整形というのかの線引はわかりませんが、メスを使うのはNGという考え方もあるようで、世間的にAGA治療薬(飲む薬)の方が支持されています。

まぁ、植毛の値段が高いというのも大きな理由でしょう。

おそらく植毛を整形だと吠えている人も、1,000円でできるとわかれば、黙って植毛待ちの行列に並ぶでしょうね。


PAGE TOP